スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kubuntu11.10でAudaciousが起動しない

私は普段音楽アプリとして、Clementineを使っているのですが、ちょっとしたMP3ファイルを開きたい時とかはもっと小型のプレイヤーが欲しくなる時があります。というわけで軽量なオーディオプレイヤーとして有名なAudaciousをインストールしたのですが、何故か起動しない・・・。端末から実行しても、「segmentation fault」と出て起動しません。

ならばと管理者権限をつけて起動すると一応起動はするのですが、設定画面を開くと固まり、強制終了しなければ動かなくなります。

エラーメッセージを見ると、どうもAlsa関連でなにかおかしなことが起きているようです。しかしぐぐってみても情報が出て来ないのでAlsa関連をどうにかするのは諦めて、AudaciousでAlsaを使わないようにすることにしました。

前述の通り、KDE環境ではAudaciousの設定をいじることができないので、Gnome環境をインストールしてGnomeセッションでKubuntuを起動してAudaciousの設定を変更することにします。

パッケージマネージャーでgnome検索してインストールします。または端末から

$ sudo apt-get install gnome

を実行します。これで、多少不完全な形ですがGnome環境を使えるようになります。(UbuntuのデフォルトのWMがUnityに変わった関係で、従来のGnome環境を利用するためにgnome-session-fallbackというパッケージが用意されているようです。こっちを使ってもいいかもしれません)

あとはいったんログアウトしてからGnomeでログインし、Audaciousを起動して「設定」から「オーディオ」を選択して出力プラグインをPulseAudioに変えれば完了です。

これでもう一度KDEでログインしなおせばAudaciousが正常に起動するようになります。設定を開いても固まることは無いです。


2011-1-23-desk2
無事正常にAudaciousが動くようになった。


今回使った方法はかなり強引で、そもそも根本的な解決になってないような気がします。使わないパッケージも大量に入ってしまいましたし。しかしLinuxしろうとの私にはこれが限界でした。まあ、無事に動くようになったのでよしとすることにします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。