スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/usr/bin/startkde が起動しないバグを直す

先日のKDEのアップデート後に、PC起動時に

; unable to launch "/usr/bin/startkde" X session --- "/usr/bin/startkde" not found: falling back to default session.

と出てKDEが起動しない問題が発生していたのですが、解決したのでメモしておきます。
環境は、Kubuntu12.04 KDE4.10.1 backportsリポジトリを使用しています。


ENIMAGE1362814808173.jpg


参考にしたサイトはこちら

http://maybe-linux.blogspot.jp/2013/02/fixing-kde-usrbinstartkde-not-found.html
http://forum.kde.org/viewtopic.php?f=66&t=107798

結果から言えば
kde-workspace-bin というパッケージをインストールすれば治りました

直し方

1.リカバリーモードでの起動

今回はGUIを起動せず、コンソールからPCを操作したいので、リカバリーモードでPCを起動します。
詳しくはこちらをどうぞ

起動時に出てくるGrubメニューからリカバリーモードを選ぶことでリカバリーモードに入ることができます。

2.ネットへの接続

起動後に出てくるリカバリーメニューから「network」を選んで実行します。私の場合は有線なので特になんの設定も必要なくつながりましたが、無線もしくはルーターを介さずに直につないでいる場合はなにか設定が必要かもしれません。

3.kde-workspace-binのインストール

リカバリーメニューに戻ってきたら、今度は「root」メニューを選んでrootでコンソールに入ります。

その後、

apt-get update
apt-get upgrade
apt-get install kde-workspace-bin

を実行します。
最後に

reboot

を実行してシステムを再起動します。


以上で、無事KDEが起動するようになりました。しかし、リカバリーメニューからパスワードも要求されずにroot権限で色々いじれるのはちょっとセキュリティ的に問題があるような気がするのですが大丈夫なんでしょうか?
まあ、ドライブを暗号化していない私が言うことでもないような気もしますけど
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。