スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDEの見かけを変える(テーマを変更する)


preferences-system.png


今回は、KDEの見た目(テーマ)を変更してみたいと思います。ネット上でGNOMEやUnityなどでテーマ変更を行った記事は時々見るのですがKDEに関してはあまり無いので、ちょっと紹介します。

2012-05-27-7
今回は南国風な感じで・・・



1.アプリケーションの概観を変更する

まずはアプリケーションの外観を変更してみましょう。メニューから、「KDEシステム設定」→「アプリケーションの外観」と進みます。すると下のような画面になるので、各々の画面から、スタイル、色、アイコンを変更します。

2012-05-27-1

上の画像は色の選択画面です。ウィンドウの背景色やフォントの色を変えることができます。スキームパッケージがWeb上に公開されているので、「新しいスキームを所得」からスキームのパッケージをインストールすることができます。

2012-05-27-2

更に細かく設定することもできます。

2012-05-27-3

こちらのアイコン設定では、アプリケーションやフォルダのアイコンを変えることができます。無印のUbuntuで使われているようなテーマやMint風のテーマ、メタリックなテーマなどいろいろあります。こちらもWeb上でパッケージが公開されているので、色々と試してみてください。

他にもスタイルやフォントなども設定できるのですが、今回はデフォルトのままです。では次に、ワークスペースの外観を設定します。

2.ワークスペースの外観を設定する

次に、ワークスペースの外観を設定します。「KDEシステム設定」→「ワークスペースの外観」と進みます。ここでは、ウィンドウのタイトルバーのスタイルや、カーソルテーマ、パネルやウィジットの外観を変えることができます。

2012-05-27-4

ウィンドウの飾りタブでは、タイトルバーのスタイルを変更することができます。Mac風のタイトルバーもあります。

2012-05-27-5

デスクトップテーマタブでは、パネルの外観や、ウィジットの外観を変えることができます。おそらくここを変えるのがが見かけ上一番大きな変化になるのではないでしょうか。図ではわかりませんが、実際に変更してみると、
パネルや時計、フォルダビューといったウィジットの外観が大きく変わります。

2012-05-27-6
こちらもWeb上にたくさん公開されています。


また、http://kde-look.org/では、これ以外にもたくさんのテーマが紹介されているので、興味があればこちらも探してみるといいと思います

とりあえずはこんなかんじでしょうか。ちなみにページの一番上にある画像では、

・色にMint-RGS(をちょっと自分でカスタマイズしたもの)
・アイコンにOxySpring - OxySeasons Spring-Theme
・ウィンドウの飾りにOSX by scnd101
・デスクトップテーマにFushigi by gomezhyuuga1

を使用しています。他にも魅力的なテーマやアイコンがたくさんあるので、みなさんもデフォルトのテーマに飽きたなと感じた時や、気分を変えたい時はデスクトップカスタマイズをおこなってみてはいかがでしょうか


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。