Kubuntu

/usr/bin/startkde が起動しないバグを直す

先日のKDEのアップデート後に、PC起動時に

; unable to launch "/usr/bin/startkde" X session --- "/usr/bin/startkde" not found: falling back to default session.

と出てKDEが起動しない問題が発生していたのですが、解決したのでメモしておきます。
環境は、Kubuntu12.04 KDE4.10.1 backportsリポジトリを使用しています。


ENIMAGE1362814808173.jpg


参考にしたサイトはこちら

http://maybe-linux.blogspot.jp/2013/02/fixing-kde-usrbinstartkde-not-found.html
http://forum.kde.org/viewtopic.php?f=66&t=107798

結果から言えば
kde-workspace-bin というパッケージをインストールすれば治りました

直し方

1.リカバリーモードでの起動

今回はGUIを起動せず、コンソールからPCを操作したいので、リカバリーモードでPCを起動します。
詳しくはこちらをどうぞ

起動時に出てくるGrubメニューからリカバリーモードを選ぶことでリカバリーモードに入ることができます。

2.ネットへの接続

起動後に出てくるリカバリーメニューから「network」を選んで実行します。私の場合は有線なので特になんの設定も必要なくつながりましたが、無線もしくはルーターを介さずに直につないでいる場合はなにか設定が必要かもしれません。

3.kde-workspace-binのインストール

リカバリーメニューに戻ってきたら、今度は「root」メニューを選んでrootでコンソールに入ります。

その後、

apt-get update
apt-get upgrade
apt-get install kde-workspace-bin

を実行します。
最後に

reboot

を実行してシステムを再起動します。


以上で、無事KDEが起動するようになりました。しかし、リカバリーメニューからパスワードも要求されずにroot権限で色々いじれるのはちょっとセキュリティ的に問題があるような気がするのですが大丈夫なんでしょうか?
まあ、ドライブを暗号化していない私が言うことでもないような気もしますけど
スポンサーサイト

Clementineでギャップレス再生できるようにする

Clementine-Logo.png


Clementineというのは、今は無きAmarok1.4を参考に作られた音楽再生アプリケージョンです。
以前はPPAを追加しなければUbuntuでは使えなかったのですが、11.10から公式のリポジトリからインストールできるようになりました。
Ubuntu11.10ではBanshee、Kubuntu11.10ではAmarokがデフォルトの音楽再生アプリケーションになっていますが、個人的にはこちらのほうが使いやすいので、以前から愛用しています。

特徴

特徴としては、

・タブによる複数のプレイリストを保持可能

・Last.fmやWikipedia,Lyrics.wikiaから曲やアーティスト、歌詞の情報を参照可能

・Last.fmを始め、さまざまな音楽関係のWebサービスと連携可能

・ライブラリの中をファイル名やアーティスト名、曲名やタグで検索可能、バージョン1.0からMagnatuneなどのインターネット上の音楽サービスからも検索可能に

・ダイナミックプレイリストやお気に入りの曲の再生などが可能な、スマートプレイリスト機能



と言ったところです。ちなみにUbuntu11.10でもPPAを追加することで最新版のClementineを使うことができるので、興味のある人は

sudo add-apt-repository ppa:me-davidsansome/clementine
sudo apt-get update
sudo apt-get install clementine

と端末で打って、最新版を導入するといいと思います。

2012-02-29-1


2012-02-29-2
歌詞表示もできる

Clementineをギャップレス再生できるようにする

このClementineは非常に便利なのですが、連続再生時に音が途切れないように再生するギャップレス再生ができないという欠点があります。で、これをどうにかしたいなあと思って調べてみると、どうもClementineのバックエンドで動いているGstreamerのバグみたいで、最新版を導入すると、ギャップレス再生ができるようになるみたいです。参考サイト


治し方

このPPAを追加することで、バグフィックスされたバージョンがインストールされるようです。(11.10)

具体的には

sudo add-apt-repository ppa:gstreamer-developers/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

と端末で打った後、OSを再起動すればClementineでギャップレス再生ができるようになります。確認はしていませんが、おそらくClementine以外でも、Gstreamerを使ったアプリケーションは、すべてギャップレス再生が可能になると思います。

なぜか私の環境では、Upgrade後にClementineがアンインストールされてしまうという意味不明な現象が起きましたが、インストールしなおしてやれば使えました。


2012-02-29-3
PPA追加によってアップデートされるパッケージ


※2012/06/21追記 どうやらKubuntu12.04ではこの方法ではギャップレス再生できるようにはならないようです。まだパッケージが用意されていないのかもしれません。

ubuntu11.10でHandbrakeを使う

なんかググって一番初めに出てくるPPAでは11.10用のバイナリがなかったので、一応メモ

ここのPPAならUbuntu11.10用のバイナリも用意されているみたい

端末から

sudo apt-add-repository ppa:stebbins/handbrake-snapshots
sudo apt-get update
sudo apt-get install handbrake-gtk handbrake-cli

でインストール。(PPAを追加してもソフトウェアセンターではインストールできないみたい?)

SKB-SL18をKubuntuで使う

新しく買ったコンパクトキーボードSKB-SLW18がそのままだと動かなかったのでメモ


と言っても「KDEシステム設定」から「入力デバイス」の「キーボード」の設定を「標準101キーボード」から「サンワサプライ SKB-KG3」に変えただけです。

Linuxで使えるタイムロガーTogglを使う

Togglというのは、Linuxで使えるいわゆるタイムロガーです。タイムロガーというのは、簡単に言ってしまえば、なんかの行動をした時間を記録するアプリケーションのことです。何かを始めたり、終わらせたりするたびにTogglに時間を記録していくことで、自分がどのように日々の時間を使ってるのかを記録していくことができます。
最近はスマートフォンの普及で使っている人も増えてきました。

実際、プロジェクトの計画などを立てた後、その計画がどこまでうまく予定道理に進んでいて、どこがうまく行かなかったのかなどを反省するようなときに非常に役立つそうです。

特に無茶な計画を立てて計画倒れになってしまうような人にはいいんじゃないでしょうか

・Togglの特徴

Togglの特徴としては、

①Webアプリケーションなので、OSを問わず利用できる。更にスマートフォン用のページも用意されており、専用のクライアントを用意しなくてもブラウザさえあればiphoneやAndroidからも利用できる

②さらに、Win,Mac,Linux,iPhone,Android用に専用アプリケーションが用意されており、いちいちブラウザを立ち上げなくても利用できるようになっている

③基本的に無料、ただし週の時間記録をGoogleカレンダーなんかに取り込めるようになる有料プランもある

④プロジェクトにタグをつけることができる


と言ったところです。

インストール方法

とりあえずはTogglの公式サイトにいってTogglのアカウントを取ってきましょう。アカウントを所得したらさっきのページからLinux用のdebパッケージを取ってきてソフトウェアセンターで開き、インストールすればOKです。

使い方

Linux用のクライアントを起動すると下記のような画面が出てきます。


2012-02-08-1


この画面から、時間を図っている行動や行動の履歴を確認することができます
新たに何かをはじめるときはAddというボタンを押します。すると下のような画面が出てきます。


2012-02-08-3



この画面から、いま自分の始めようとしている行動を記録していきます。行動の名前と、Project,tagを設定していきます。ちなみにプロジェクトを設定すると、Webクライアント等で確認できる週次報告などで全体のうちそのプロジェクトがどれぐらいの割合を持っているかなどを確認することができるため、設定しておくほうがいいと思います。タグに関してはお好みで

ある程度ログが溜まってくると、下のような感じでWebページで自分の時間ログが確認できるようになります。

2012-02-08-4

私は基本的にめんどくさがりなので、趣味の時間やちょっとした空き時間など、仕事と食事や睡眠などの時間以外は全部「ぐうたらな時間」に入れてしまっているのですが、恐ろしいぐらいぐうたらな時間を過ごしていることがわかります。寝ている時間より多いとは・・・
いくらテスト終わりとは言えこれはひどいですね。ちなみに更に詳しいレポートも確認することができます。

これからはこのぐうたらな時間をちょっとずつ減らして行って、自分が無理なくコンスタントに続けていけるところを探していこうと思います。

目標を具体化できるというのはいいですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。